交通事故 [事例11]

50代主婦、相手保険提示額から80万円以上の増額

50代女性
主な症状損害賠償額
頚椎捻挫、腰背部挫傷等 200万円→280万円

背景

Aさんが車両を運転し交差点に直進で進入したところ(優先道路)、左方から交差点に進入してきた加害車両がAさん車両の側面に衝突したものです。

Aさんは相手保険会社から損害賠償額の提示を受けており、またAさんはご自身の保険で弁護士特約に加入していることから、弁護士に依頼することで金額が上がる見込みがあるなら依頼したいとのことでご相談に至りました。

対応

休業損害(主婦休損)について、当初の提示では、自賠責基準での日額(6,100円)で、休業日数につき実通院日数の半分以下の日数で計算した内容になっていました。

しかし交渉により、賃金センサスを基準とした日額で、休業日数についても1.3倍程度に増やすことができました。

結果

休業損害全体としては、当初提示額の2倍以上の金額に増額することができました。
また、傷害慰謝料及び後遺症慰謝料につき、裁判基準の9割に増額となりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-220-950 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-220-950
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ