支店長弁護士インタビュー

市川本八幡支店長 千葉県弁護士会野村 和史弁護士

泉総合法律事務所 市川本八幡支店長、野村和史(のむらかずふみ)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

駅からのアクセスも良く、落ち着いてご相談いただけます

――― まずは、市川本八幡支店についてお聞かせください。市川本八幡支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

当事務所は、JR本八幡駅南口から徒歩4分程度のところにあります。事務所が駅前の大通りにあるため、道に迷う心配もないと思います。

事務所周辺には日用品・雑貨を多く取り扱っている店があり、非常に利便性の良い場所です。JR本八幡駅の周辺には飲食店も多いため、雰囲気の良い場所だと思います。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室は解放感のある広い部屋を1室のみ用意しております。他の方と同じ時間にご相談を伺うことはありませんので、他人に相談内容を聞かれたりといったことを気にせずに、ゆったりと落ち着いてお話いただける作りになっているかと思います。

通知制度を活用し、迅速なレスポンスを

――― 野村先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

依頼者様からの連絡にイチ早く気付けるように、ご連絡があったら事務局から弁護士に通知が来る仕組みを採用しています。通知を確認次第、できるだけ早く折り返しの連絡をすることで、レスポンスを早めるよう心がけています。

ご相談においては、ご相談の背景なども含めて、依頼者様のご事情を極力詳しくお聞きしています。そのうえで、依頼者様のお気持ちにできる限り近づいた法律相談ができるように心がけています。

ご相談の中には、なかなか第三者には話づらい内容、言葉にしづらい事情なども多くあるかと思います。そのため、お話をお伺いする上では、お話しやすい雰囲気をつくることを心がけるとともに、メンタル面のケアも意識して対応しています。

今後の生活がより良いものになるようにしたい

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

弁護士として一つ一つの事案に取り組むうえで大切にしていることは、「依頼者様が抱えている不安や悩みを解消し、今後の生活がより良いものになるようにしたい」という気持ちです。

ご依頼を受けるうえでは、事案そのものを法的に解決することは勿論、お気持ちの上でもご納得いただけることが重要です。

法的な解決といっても、事案によって解決方法は様々であり、場合によっては複数の解決方法が考えられることもあります。そのような場合には、考えられる解決方法をご説明したうえで、依頼者様にとって適切な解決方法をご提案させていただいています。

また、解決方法を提示するうえで、依頼者様から「経済的な事情よりも〇〇を優先したい」というお気持ちが強いと感じる場合もあります。その場合は、ご希望を念頭において解決方法を模索し、気持ちの面での解決も図れるようにと考えています。

そして解決方法を決定したのちは、その実現に向けて誠心誠意取り組むことで、お寄せいただいた信頼にしっかり答えられるよう尽力しています。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

債務整理の相談を受ける際に感じるのは、当初の借入れだけであればここまでの額にはならなかったということです。

ご相談の中には、借金を返すために借金をするという悪循環に陥っているケースがとても多いです。そのため、借金をしなければ借金を返せないという場合には、重ねて借金をする前に弁護士に相談することがベストだと思います。

また、このような悪循環を放置してしまえば、いずれ訴訟を起こされたり、差押えをされてしまい、ただでさえ返済の負担があるにもかかわらず、さらに生活が苦しくなってしまう可能性すらあります。

重ねて借金をしてしまった後であっても、できるだけ早く弁護士に相談して欲しいと思っています。

 

――― 最後に、お聞きします。野村先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

繰り返しになりますが、私は弁護士として、依頼者様や相談者様の今後の生活がより良いものとなるように、尽力していきたいと考えています。

借金や不倫などの事件では、なかなか他人には話せず、誰にも相談できないまま一人で頑張り続けてしまう方も多くみます。唐突な慰謝料請求や交通事故、刑事事件に直面し、動揺と混乱の中で不安な日々を過ごされている方もいらっしゃいます。

そうした方には、まずは「相談する」というステップを踏んでいただきたいです。

弁護士に相談することで、どのような形で問題を解決できるのかを知ることができます。実際にどういう手段をとるかは別にしても、まず「解決方法を知る」だけでも気持ちが楽になると思いますし、少なくとも日々の不安が軽減できます。

ご相談というステップから、一つ一つのご不安や問題を解消し、依頼者様や相談者様の今後の生活が少しでもより良いものになるよう、尽力していきたいと考えています。

 

――― インタビューは以上です。野村先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-220-950 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-220-950
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ