交通事故 [事例2]

後遺症14級の被害者につき、弁護士介入前提示120万円→介入後310万円と大幅アップの事案

40代男性
主な症状損害賠償金
頸椎捻挫、腰椎捻挫、左手関節挫傷 120万円→310万円

背景

Aさんは高速道路を運転していました。すると渋滞に巻き込まれてしまい、停止していたところ、後ろから来た加害車両が追突してきた、という事故になります。Aさんは当初、弁護士を介入することなく治療を続け、後遺症14等級の認定を受けました。そして、これに基づいて保険会社から賠償金の提示を受けたのですが、この金額に不満があり、適正なものなのかを確かめたいと思い当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

すでに後遺症の等級の認定も受け、また保険会社からの提示もなされていたことから、弁護士としてはまず、相手方保険会社から本件事故に関する資料一式(診断書やレセプト、後遺症認定書類など)を送付してもらい、治療期間や受傷部位、後遺症の等級など当該提示の前提に間違いがないかの確認を行いました。その後、具体的な金額の交渉に移り、下記の通りの増額交渉に成功しました。

結果

弁護士介入前の保険会社からの提示は総額120万円でしたが、弁護士が何度も担当者と連絡を取って粘り強く交渉をしたところ、後遺症逸失利益については満額、慰謝料・後遺症慰謝料については9割の金額で和解が成立し、総額310万円を獲得することができました。争点も少なかったことから、受任から最終的な解決まで1か月程度と比較的短期間で終結することができたうえ、190万円の増額まで実現できたという弁護士介入のメリットを大きく受けられた事案でした。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-220-950 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-220-950
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ