不倫慰謝料 [事例4]

配偶者への接近禁止を認めさせ、慰謝料60万円獲得

30代女性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求する側 60万円

背景

Aさんの夫は職場の部下と不倫をしており、不貞相手からの手紙をAさんが発見したことで不倫の事実が発覚しました。
夫を問い詰めたところ不倫を認めたので、Aさんは不倫を認めた夫の供述を録音し、今後不倫をしないことを約束させる念書も書かせました。
しかし、不貞相手から夫への手紙には、Aさんの夫との将来の生活を期待するかのような内容があり、不貞相手に家庭を崩壊させられるという不安が消えず、ご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんのご希望は、①不貞相手が今後夫と接触しないようにしたい、②不貞相手への戒めのために慰謝料を支払わせたい、というものでした。
そこで、弁護士から相手方に対し、Aさんの夫への接近禁止と慰謝料を請求する旨の内容証明を送ったところ、相手方は弁護士に依頼し、代理人弁護士が交渉の窓口となりました。
もっとも、相手方は不倫の事実を認め、接近禁止についても受け入れて争わなかったため、慰謝料の金額がメインの交渉内容となりました。

結果

交渉の結果、慰謝料については最終的に60万円で合意し、Aさんの夫への接近禁止も含めた示談書を公正証書で作成することができました。
慰謝料の金額としては特別高額というわけではありませんが、Aさん夫婦の婚姻関係は破綻しませんでしたので、金額としては妥当なところと思われます。
また、Aさんとしては、不貞相手が今後夫と接触しないようにさせることを強くご希望されていましたので、夫への接近禁止を公正証書で相手方に約束させたことによりご安心いただけました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-220-950 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-220-950
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ